叶わぬ思い
通報する

叶わぬ思い

¥ 200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料100円が掛かります。

2017年春のふたり展でのメッセージ作品
2011.3.11の震災から6年におもう。


叶わぬ思い

また桜の咲く季節がやって来る。

大震災のあったあの年も、まるで何事も無かったかのように、
福島にも春が訪れ、いつもと同じようにきれいな桜が咲きました。

毎年、家族でお花見をするのが楽しみでした。
家の近くの公園に咲く桜が大好きで、
老後は孫を連れて一緒に散歩するのが、私のささやかな夢だった。

あの公園も、
桜の木も、
池も鳥たちも、
大好きなその風景すべてが・・・

放射能に汚染されてしまった。

桜は、何もなかったかのように咲いたけれど、、
私たちは、何もなかったかのようには、生活出来ませんでした。

原発の事故により、
私たちの日常は大きく変わってしまいました。

事故から6年、まだまだ放射能の汚染は続いています。
家に帰りたい、でも帰れない。

帰りたいと思うふるさとは、
原発の事故が起こる前の安全に暮らせる福島。
あの公園に咲く桜の香りを胸一杯に吸い込みたい。

叶わぬ思いだけが増えてゆく。

そして、
また住むところを奪われてゆく現実。
安心して暮らせる日はいつ来るのか。

桜は今年も変わらずに、きれいな花を咲かせてくれるだろう。


また切ない春がやって来る。